タイで週末を楽しむ

タイで週末を楽しむ

タイ古式マッサージ、アロマセラピー、オイルマッサージなどのデュシタニカレッジの各コースは、月曜日から金曜日までの平日の5日間となります。

土曜日、日曜日、祝祭日(タイ国内)は余暇時間としてタイ王国を満喫しましょう。

買い物はバンコク

サイアム SAIAM

バンコク市内のサイアム(BTSサイアム駅周辺)はデパートやショッピングモールが集まる中心地。週末になるとタイの若者や観光客で賑わいます。サイアム周辺のデパートやショッピングモールは日本顔負けのクオリティ。高級ブランドからタイならではの商品まで揃いますので、飽きない魅力がつまっています。デパート内のフードコートには日本でお馴染みの飲食店も多く、都会的なバンコクを味わうには抜群のエリアでしょう。

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット
Chatuchak(Jatujak) Weekend Market

バンコク市内の北に位置するタイ王国で最大のウィークエンドマーケット。主に土曜日、日曜日の開催ですが、世界中からの買い物客で賑わう人気のエリアです。地下鉄のチャトチャック駅から、そしてBTSモーチット駅から徒歩圏で、タイ雑貨からアパレル、アクセサリー、タイ家具、陶器などなんでも揃うタイ市場です。

アジアンティーク・ザ・リバー・フロント
Asiatique The Riverfront

バンコク市内のチャオプラヤ川の河畔にあるナイトマーケット。地元バンコクの若者から外国人観光客で賑わうバンコクの新名所。夕方日が落ちて涼しくなったころから多くの人が集まり、観覧車などのアミューズメントにも人があつまります。

またナイトマーケットには、タイで作られる様々な雑貨や衣料があつまり、フードコートにはタイ料理を始め多くのレストランが並んでいます。

寺院や観光名所

タイと言えば多くの寺院を想像する方も多いでしょう。バンコクには多くの観光名所があり、その中でも代表的な存在が、国王の住居でもある王宮、エメラルド寺院があります。周辺には、ワットポー、チャオプラヤ川を挟んでワットアルンなどバンコクの代表的な観光名所が集まっています。

バンコクのどの名所も電車やタクシーで数十分程度の距離なので土日にまとめて観光されるのもいいかもしれません。

バンコクから少し遠出

世界遺産アユタヤ遺跡
Ayutthaya

バンコクから鉄道、乗合バスやタクシーを利用して約1時間30分ほどで、タイの古都アユタヤがあります。アユタヤは世界遺産にも登録されているタイの代表的な遺跡のひとつです。

かつてアユタヤはアユタヤ王朝の首都として栄えた町で、多くの日本人が移り住む日本人街があったことでも有名です。憂愁のひと時を古都アユタヤで過ごしてみるのもいいかもしれません。アユタヤには、象のアトラクションや、動物園などもあり、1泊2日で楽しみたいです。

静かなゾート ホアヒン
Hua Hin

バンコクから3時間南へ行くと、タイの王族の保養地として有名なホアヒンがあります。

ホアヒンはタイ国内有数のリゾート地で、国王の別荘があることから、大音量を出すお店も少なく、静かにのんびりと過ごしたいタイのセレブや欧米人観光客に人気のエリア。一年中温暖な気候で、豊かな自然、そして澄んだ空気に囲まれたとても女性でも過ごしやすいリゾート地です。

バンコクの都会から少し離れて、週末は静かなビーチリゾートもいいかもしれません。

タイの離島サメット島
Koh Samet

バンコクから車で3時間の距離にあるラヨーンの沖合のビーチリゾート。本土から6.4km沖合いのタイランド湾内に位置するタイ王国の島でう。

エメラルドグリーンの海に囲まれたバンコク市内から最も近いリゾートアインランドです。